にるえもんポケ日記

にるえものポケモンレート構築記事

ドータクンのトリルについて

チラ裏に書くメモのようなものですが。。

 

ドータクンでトリルをする意味は何かなと最近考えております。

というのも、クレセポリ2ミミッキュが優秀すぎて他のポケモンでした方がいいという状況が浮かばないからです。

 

加えてUSUMからはツンデツンデという自分でトリルを張って自分で殴れるポケモンも登場しました。これによって鋼+地面+岩の広範囲で殴れるトリル始動要員という1つのドータクンアイデンティティが奪われてしまいました。

 

それでもドータクンでトリルをする意味はないかと探し、1つ見つけた結論が、メガメタグロスカプ・テテフに後出しから確実にトリルを展開できるポケモンとして採用することです。

 

そして重要な持ち物がエスパーZ

 

メガメタグロスに後出しできるという点でミミッキュとの差別化はできます。

そして、Zトリックルームと攻撃技の自主退場技である大爆発により、挑発持ちの前でもトリル展開+自主退場ができます。

 

これが他のポケモンとの差別化点です。

 

カプ・テテフはその特性により高速アタッカーとのシナジーが良いです。また、初期の頃よりも型が多様化し、挑発持ちが増えたため、タイプ相性的に有利なだけではこちらの思うような試合展開にできないことがあります。

そのため、Zを持たせ、挑発を打たれてもトリルを展開できるようにしています。

 

トリルのためだけにZを持たせるのはあまりにも汎用性に欠けるため、エスパーの攻撃技も採用します。

 

現環境はフェアリー環境であるため、悪タイプが少なく、エスパー技の一貫性自体は良いと思います。また、ドータクンエスパー技は警戒されないこともあって、トリル下でエスパー技を打ちこんでいくのが普通に強かったりもします。

 

考えたことをつらつら書いただけですが、まあ探せば差別化点は見つかるっていうことですね。

汎用性はさておき()

 

 

以上、チラ裏メモでした。