にるえもんポケ日記

にるえものポケモンレート構築記事

炎Z毒羽カイリューの調整

ドータクン入りパーティで2100を目指しております、にるえもです。

突然ですが、
ポリゴン2を呼んで狩る。
ギルガルドに後出しから勝てる。
そんな素敵なポケモンをご存知でしょうか。

シーズン1のレート2000達成パーティで貢献し、現在のパーティにおいても大活躍中のカイリューの調整を書かせて頂きます。







f:id:nilemo:20170521212320j:plain



【型】

カイリュー@炎Z
マルチスケイル
穏やか H252,B44,C76,D76,S60
実数値:198-*-121-130-143-108

流星群・大文字・毒々・羽休め


【調整】

※(M)はマルスケ込みの意味
※羽休め回復量99


【H-B】

A↑↑ギルガルド
影うち≦アイアンヘッド(M)≦羽休め


【H-D】

C特化ポリゴン2
れいとうビーム≦羽休め


【S】
4振りFCロトム抜き。
S振りメガハッサム意識。


【C】
流星群でガブリアスを最低乱数以外1発。
大文字+炎Z大文字でギルガルド確定。
炎Z大文字でH252メガクチート確定。





【役割と調整意図】

エースの一貫を作る
または
サイクルを優位に進める
ことが役割。

 カイリュー自身が高火力アタッカーであり、厄介なポリ2やギルガルドを呼べることに着目し、逆に狩ることで優位に立てるようにしました

 毒を入れたい相手に引かれないのがポイントです。



【H-Bについて】

 ギルガルドは後出しから受けづらいポケモンであり、ギルガルド自身の後出し性能が高いことから、どうしても味方に負担がかかりがちだと思います。

 このカイリューならば、一般のギルガルドの場合、弱保持ちかつ交代際に剣舞されない限り、後出しから勝てます。
(襷CSめざ氷、毒みがは無理)

 後出しが間に合う上に、キングシールドをするまで羽休めをしながら大文字を打っていれば良いだけです

 対面ならば、マルスケを残したまま突破することも可能です。
大文字→シャドボ→キンシ→羽休め→炎Z

 襷CSめざ氷や毒みが以外に負けたことはないので、かなり信用できると思います。


【H-Dについて】
 C特化ポリ2のれいとうビームを羽休めで受けきることができるため、毒羽で嵌めることができます。
 
 羽休めで氷が半減されるため、後出しも可能です。
 
 ポリ2が毒々を所持している場合、羽休めを見たタイミングで打ってくることが多いので、そこで交代してアドを取りましょう。
 
 ポリ2クチートのポリ2は毒々を所持していないことが多く、またメガクチートは炎Zで1発なので、ポリ2クチートには滅法強いです。


 ちなみに、C特化アシレーヌのムンフォもマルスケ込みで88ダメ以下なので、対面で勝てます。(CSでない限り)


【Sについて】

 Sに多少振ったメガハッサムに抜けれることがあったため、ある程度振るついでに12振りクレセリアまでを毒羽で嵌められるようにしました。

 実際、メガハッサムとの対面で先手とんぼ返りをされることはほぼなくなりましたし、ミロカロス等も毒羽で嵌められたので良かったと思います。


【C】

 最低限の火力を保持するためです。
 技範囲が広く、ガブリアスメガクチートを1発で仕留められる火力があるため、毒羽でありながら隙が少ない型になります。




【苦手な相手】
マンムーカプ・レヒレカプ・テテフミミッキュバンギラスなど。

 代表的なものを挙げましたが、見て分かるように、ナットレイと非常に相性が良いです。
(ドータクンも多少良いですけど)

 上記のポケモンに後出しできるポケモンがいればカイリューで崩せるのになあということが多々あったため、ぜひ組ませましょう。

 
ただ、上から殴り続けてくるようなパーティには仕事できないので選出は控えましょう。



【構築について】

 パッと見、炎4倍弱点が出しやすそうな構築にするとより良いかと思います。

 絶対ではないですが、例えば初手でハッサムまたはナットレイ等と対面した場合、炎技のケアができるポケモンが裏にいることが多いです。

 ポリ2がいる場合、竜舞または鉢巻きのカイリューを考慮すると、ほぼ確実に選出されます。
 つまり、このカイリューの役割対象の2体を出させやすいのです。

 この時点でかなりゲームメイクが楽になります。




【感想】

 非常に強いです。
 パーティによっては1匹で崩壊させられる上に、まず読まれません。


 C特化ポリ2のれいビや、A↑↑ギルガルドに対して調整しているため、毒羽で嵌められる範囲が非常に広いです。
 
 そのうえ、竜+炎の広い技範囲があるため、汎用性が高いです。

 
 また、リサイクルカビゴン等にも、不意の毒を食らわせられるので、痒いところに手が届きました。


 苦手な相手で挙げたポケモン達に加え、オニゴーリフシギバナなどへのケアをしっかりすれば、構築の完成度がかなり高くなると感じました。


 
 ここまで読んで頂きありがとうございました。
 正直知られたくない気持ちもありますが、それよりも紹介したい欲が勝ちました(笑)

 もし、この記事を参考にして作られた方がいらっしゃったら、ぜひ感想をお聞かせ下さいm(__)m